アマチュアスポーツと呼べるのだろうか

 事前はあまり盛り上がらなかった感のある冬季ソチ五輪ですが、終わってみれば海外での五輪としては最多のメダルを獲得しました。
下馬評通りにはいかないのがスポーツの難しさですが、今回も金メダル有力と言われた選手がふるわなかったものの、長く続けてきた選手がメダルを獲得出来た事にはすごく感動させられました。
 五輪は厳密にいえば「アマチュアスポーツの最高峰の大会」でしたが、今では一部プロ選手も出場出来ます。
しかし冬季五輪はその競技種目ゆえ、純粋なプロの選手は一握りしかいません。
多くが所属先やスポンサーから支援を受け活動するスタイルのアマチュア選手ですが、その活動費を聞けばとてもアマチュアと呼べない高額なものとなっています。
練習拠点が海外だったり、専属のコーチやトレーナーを雇ったりとほぼプロ選手と呼べるレベルです。
 近年は五輪で活躍する国が固定化されている感じがするのも、こうした背景があるからかもしれません。

たい焼きの食べ方でわかる性格診断。

隣町で美味しいと評判のたい焼きを、今日旦那さんがお土産に買ってきてくれました。
以前から気になっていたので、かなり嬉しい差し入れです。
ちょうど子供のお友達が遊びに来ていて、皆で仲良く頂きました。
あんこがたっぷり入っていて、とても美味しかったです。
実は私、たい焼きを皆で食べるとき、つい気にしてしまうことがあります。
それは、どこから食べているか。
たい焼きって、最初に食べる部位によってその人の性格がわかるっていわれているんですよ。
私も最初は、そんなとこないでしょ!って思ってましたが、よく聞くとこれが意外と自分に当てはまってて、ドキッとした記憶があります。
それ以来、なんとなく目がいってしまうんです。
ちなみにたい焼きを頭から食べる人は楽天的、尻尾から食べる人は慎重派、せびれからだと神経質、お腹からは積極的な性格、という診断です。
たまに半分に割ってまん中のあんこから食べる人もいますが、それは、変わり者なんだとか。
とりあえず、我が家にも子供の友達にも、変わり者はいなかったようです。
ただ、なにも言わなくても息子は旦那さんと、娘は私と同じ食べ方しているのを発見!
やっぱり親子だな〜と変なところで実感しました。

かたづけ本に影響しまくりです。

最近ゆるりまいさん著作の「ワタシのウチには何もない」に影響されています。
ブログもあるのでチェックしていますが、ココ迄物がない家って凄いって感じます。
それに比べ家のちらかりようったら無い訳で。
物が無さ過ぎてスガスガしい空間になっているのです。
わたしの家はすぐ物が増えます。
何故増えるのか自分でも
理解しているところがあります。
まず捨てれない手紙とかがあってとっておいていたり、雑誌を買ったときについてくる付録、本来雑誌が欲しいのに
余計ないらない付録が付いてくる事もあり購入してゴミだなーと感じる事が良くあります。
それ以外にもペットボトルについてくるおまけ、あれも後ゴミになるので
私はおまけの無い物を買ったりと選んでいます。
最近何でもおまけが多く感じます。
そんなに欲しい、そんなに活用することあるのそれ?と感じます。
そのおかげでしょうか使っていない物を大量処分する事ができる様になりました。
昔よりはかなり綺麗になったのですが更に磨きを掛けたお部屋にしたいと
実行中です。